募集に変動のなさそうな業界

先日ちょっと調べ物をしていて、気になったニュースがありました。今年の求人状況の話なんですけど、男性の求人では製造業などが減少、女性の求人ですと看護、介護関連が伸びているそうです。何と言いますか、見事に世相を表しているな、というのが印象なんですが、じゃあ当分変動のなさそうな業界は?と言われますと、ITがそうなんじゃないかなと思うんです。
というのも、単純に今、国内で元気のいい業界ですからね。スマホ産業なんか当分伸びるんじゃないですか?
そうなると当然、人員の募集も下がることはないでしょう。そうでなくても、慢性的な人手不足に悩まされていると聞きますからね。
製造なんかは海外へのアウトソーシングが主流になりつつありますから、これも当然の流れでしょう。

しかしITってのは技術職ですよね。となると、人を育てるのに相当時間がかかるのが容易に想像つくんです。その辺りのカバーはどうやってるんでしょう?青田刈りみたいなことやってるんでしょうかね?企画とかなら専門的なスキルや知識がなくても大丈夫なんでしょうけど、SEやプログラマーはフリーの方を雇うとしても、結構当たり外れがあるとも聞きますし。
大々的に募集をかけてもそれに見合った知識やスキルを持った方が集まるかと言われればそんなことはないでしょうし。

そんな所から当面は募集が途絶えることはないのかな、と思います。IT系のスキルを持ってる学生なんかは狙い目かもしれない職種ですね。ま、その分しんどいのも目に見えてますけど(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です